県内地銀3行の決算は、長引く新型コロナウイルスから回復の兆しが見えてきたことを示した。一部企業でコロナ関連融資の元金返済が再開され、与信関係費用の合計が前年を大幅に下回ったからだ。ただ、各行とも来期は減収減益を見込み、収入の柱である貸出金利息の伸びも期待できない。