14日午前4時50分ごろ、沖縄県北谷町北谷の国道58号の南向け車線で、米軍海兵隊3等軍曹の男性が運転する普通乗用車が何らかの原因で歩道に乗り上げ、車が大破した。運転手の男性は近くの海軍病院に搬送されたが、午前6時14分に死亡が確認された。他にけが人は確認されていない。

車の破損したパーツなどが散乱した事故現場

 沖縄署によると、午前5時ごろに「車が一台歩道に乗り上げている」と通報があった。車は、道路標識を掲げ車線にまたがる支柱に衝突したとみられる。事故後、車の運転手席のドアが内側にめり込んでいたという。

 現場の歩道には、割れたガラスや車の破損したパーツの一部と思われる物が散乱していた。同署が事故の原因を詳しく調べている。

 現場は、片側3車線の直線道路。8日には、事故現場の約30メートル離れた場所で米軍海兵隊上等兵の男性が運転する車が歩行者をはねる事故も起きている。

【関連】歩道を歩いていた男性、米兵の車にはねられ死亡 沖縄の国道58号(5月8日)