岸田文雄首相は15日、名護市辺野古の新基地建設を巡り県と政府側が対立していることに関連し「それぞれいろいろな立場があり、ぶつかることもあるかもしれない」と述べ、秋の県知事選では、玉城デニー知事が掲げる辺野古阻止の姿勢と改めて対決する姿勢を示した。同日、宜野湾市内で記者団の取材に答えた。

(資料写真)岸田首相

 玉城知事が提出した辺野古新基地断念を求める「新たな建議書」については「日米同盟の抑止力と、普天間飛行場の危険除去、この二つを考え合わせたときに、唯一の解決策だ」と述べ、玉城知事の求めには応じず新基地建設を進めると強調した。

 また視察した普天間飛行場について「久々に現地を見たが、危険な状況は全く変わっていない。こうした危険な状況を一日も早く、除かなければならない」と述べた。(政経部・又吉俊充)