オリックスは今季最多タイの11安打で、8得点を挙げた。2-3の五回に伏見の適時三塁打などで逆転。六回には中川圭の3点三塁打などで4点を加えた。宮城が2勝目。本田がプロ初セーブ。ロッテはロメロと小野が打たれた。

7回途中5失点で2勝目を挙げたオリックス・宮城=京セラドーム

 ○…オリックスの宮城は6回1/3を7安打5失点で4月20日以来の2勝目を挙げた。打線の援護を受け「自分自身は反省するところしかない。野手の方々に点を取ってもらったので感謝したい」と話した。

 追い込んでから簡単に長打を許すなど、決め球の制球には課題が残った。出身の沖縄が日本に復帰して50年を迎えた日を白星で飾ったが「もっといい活躍をしたかった」と悔しがった。