トヨタ自動車は16日、取締役10人に対する2022年3月期の役員報酬総額を前期比28・4%減の18億1900万円としたと明らかにした。前期が外国人取締役の退任に伴う税金補填で膨らんだ反動で減った。この特殊要因を除くと1・3%増となる。

 6月15日開催の定時株主総会の招集通知に記載した。役員報酬の内訳は固定報酬が8億2200万円、賞与と株式報酬(株価換算額)で構成する業績連動報酬が9億9700万円。

 株主総会には取締役9人の選任などを諮る。(共同通信)