日本維新の会の石井章参院議員(65)が、参院選栃木選挙区に同党から出馬を予定する新人女性の事務所開きで「顔で選んでくれれば1番を取る」などと容姿に関する趣旨の発言をしたことが16日、分かった。石井氏から説明を受けた藤田文武幹事長が明らかにした。石井氏を口頭で厳重注意したとしている。

 日本維新の会の石井章参院議員

 事務所開きは栃木県日光市で15日に行われた。藤田氏によると、石井氏は「候補予定者の顔が一番いい」などの趣旨の発言をした。石井氏の事務所は16日、取材に対し、「発言は撤回した」と説明。候補者に期待をかけてほしいという思いで、見た目で差別する意図はなかったとの弁明があったという。(共同通信)