戦時中の映像などの資料を収集している大分県宇佐市の市民団体「豊の国宇佐市塾」は16日までに、太平洋戦争末期の沖縄戦直前の1945年3月23日、米軍が上陸準備のため慶良間諸島・渡嘉敷島(渡嘉敷村)を空襲する様子を収めた映像など計14本を報道陣に公開した。同団体の織田祐輔さん(35)が2013~21年に米国立公文書館から入手。21日に宇佐市で開く平和イベントで一般公開する。

 1945年3月23日、沖縄県の渡嘉敷村が米軍機の機銃掃射を受ける映像の一場面(豊の国宇佐市塾提供)

 1945年3月23日、沖縄県の渡嘉敷村が米軍機の爆撃を受ける映像の一場面(豊の国宇佐市塾提供)

 1945年3月23日、沖縄県の渡嘉敷村が米軍機の機銃掃射を受ける映像の一場面(豊の国宇佐市塾提供)  1945年3月23日、沖縄県の渡嘉敷村が米軍機の爆撃を受ける映像の一場面(豊の国宇佐市塾提供)

 渡嘉敷島の映像は、米軍機が村中心部に機銃掃射や爆撃を加える様子。村役場や学校など主な建物は空襲で焼損し、沖縄戦前の映像は資料価値が高いという。(共同通信)