【本部】任期満了に伴う9月11日の本部町長選に向け、本部町議の真部卓也氏(41)が16日、同町内で会見を開き立候補を表明した。「デジタルトランスフォーメーション(DX)を推進し、町民のニーズに応えられる新しい町づくりをしたい」と述べた。

真部卓也氏

 真部氏は現職が保革の立場を明確にしていないことを踏まえ「保守という自覚を持って国と向き合い、しっかりとした予算を獲得し、町のさらなる発展につなげたい」と語った。   「行政や民間を含めてDXを推進し、観光や教育、農業といった多分野の発展につなげたい」と強調。また人口減少を町の最大の課題とし「住宅整備などを進め、町民や移住者が安心して暮らせる町にしたい」と意気込んだ。

 現職の平良武康氏(72)も立候補を表明しており、2006年以来、16年ぶりの選挙戦となる見込み。

 真部 卓也氏(まぶ・たくや)1981年2月20日生まれ。本部町渡久地出身。愛知県刈谷准看護高等専修学校卒業。2004年から17年2月まで北山病院で准看護師として勤務。17年の町議選で初当選し現在2期目。(北部報道部・西倉悟朗)