北海道・知床沖の観光船「KAZU 1(カズワン)」沈没事故で、第1管区海上保安本部(小樽)は16日、深い海での作業が可能な「飽和潜水」による船内捜索が早ければ19日から開始される見通しを明らかにした。捜索は2日程度を見込んでおり、順調に進めば20日に終了する。道警は陸上からの捜索範囲を広げて不明者の発見を急いだが、手掛かりは得られなかった。

 北海道標津町で観光船沈没事故の行方不明者を捜索する道警の警察官=16日午後

 潜水士や資機材をのせた作業船「海進」は17日朝に北海道・網走港に入港予定。港内で最終的な準備をした後、18日夕に再び出発し、19日から水深約120メートルのカズワン沈没地点付近で作業に当たる見通し。(共同通信)