【ニューヨーク共同】週明け16日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反落して始まり、午前10時現在、前週末比197・85ドル安の3万1998・81ドルを付けた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は81・25ポイント安の1万1723・75。

 中国の4月の工業生産や小売売上高が悪化したのを背景に、世界経済減速への懸念が高まり、投資リスク回避の売りが先行した。(共同通信)