沖縄ファミリーマート(那覇市、野﨑真人社長)は17日から、沖縄の本土復帰50周年を記念して、昔ながらの食堂やおうちごはんなどをイメージした「沖縄レトロフード」を6月6日までの3週間限定で発売する。県内のファミマ全店で並ぶ予定。

新発売の商品をPRする沖縄ファミリーマート商品部の石垣彰子氏(右)と同部の仲宗根隆人氏=13日、那覇市・沖縄タイムス社

新発売の商品をPRする沖縄ファミリーマート商品部の石垣彰子氏(右)と同部の仲宗根隆人氏=13日、那覇市・沖縄タイムス社

 商品は「バター醤油(しょうゆ)おむすび」(108円)「オリエンタル 黄色いカレー」(460円)「ハム玉子と野菜 オーロラソース」(298円)「あの頃のハンバーガー」(220円)「たんなふぁくるーさんど(クッキー&クリーム)」(198円)の計5種類。

 同社商品部の石垣彰子氏は「復帰前後の世代には懐かしく、若い世代にはレトロさを味わってほしい」とPRした。