米軍機の騒音被害を受けている住民らが国を相手に飛行差し止めなどを求めて係争中の第4次嘉手納、第3次普天間の両爆音訴訟の原告の一部は16日、原告らが飛行差し止めを米国に請求できる地位にある確認などを国に求める行政訴訟を那覇地裁に起こした。