先週、内閣府から4月の景気ウオッチャー調査(街角景気)が公表されました。調査期間は4月25日から月末まででしたが、現状判断指数が前月から2・6ポイント上昇の50・4となり、昨年12月以来4カ月ぶりに好不調の分岐点である50を上回りました。