立憲民主党の西村智奈美幹事長は17日の記者会見で、日本維新の会が参院選で擁立する女性の容姿に関する発言をした石井章参院議員を口頭の厳重注意とした同党の対応は不十分だと批判した。維新が石井氏を参院選比例代表の候補に決めている点にも触れ「注意では全く足りない。維新の見識が疑われる」と述べた。

 石井氏の「顔で選んでくれれば1番を取る」との発言については「これほど有権者をばかにした話はない」と非難した。

 参院選の選挙公報に虚偽の経歴を記載したと認めた維新の岬麻紀衆院議員に関しても「異なる経歴が書かれていたことは非常に重たい。辞職が適当だ」と指摘した。(共同通信)