コザ高校で運動部主将の男子生徒が顧問から日常的に叱責(しっせき)され自殺した問題を受け、県の知事部局が設置した第三者再調査委員会(委員長・古堅豊弁護士)の第5回会議が11日、那覇市の県自治研修所であった。同校の当時の教頭2人から聞き取りなどを行った。  会議は非公開。