沖縄県警那覇署は17日、詐欺の疑いで逮捕した容疑者の逮捕状請求書に数字の誤記載があったと発表した。容疑者をいったん釈放し、緊急逮捕し直した。

(資料写真)那覇署

 同署によると、16日、那覇市内のホテルで約2万円分の無銭宿泊をしたとして容疑者の男を詐欺の疑いで緊急逮捕した。緊急逮捕後に裁判所へ提出する逮捕状請求書で、逮捕場所の番地を誤って記載していた。

 17日に署員が誤記に気付いたという。同署の大濱洋一副署長は「職員の指導教養を徹底し、再発防止に努める」としている。