第70回全日本広告連盟(全広連)沖縄大会が19日、「広告で未来を明るく!ようこそ南の島の広告祭へ」をテーマに、沖縄市の沖縄アリーナを主会場に2日間の日程で開幕する。沖縄の日本復帰50周年記念大会となる。

 広告が社会生活に果たす役割や地域の社会・経済活性化にどう貢献していくか、広告の社会的使命の促進を図るための議論や発信を目的に、全広連と大会組織委員会(会長・石嶺伝一郎沖縄広告協会会長)が主催する。

 県内では1992年の復帰20周年記念大会以来、2度目の開催。広告業界や新聞、テレビなどの媒体、スポンサー関係者が広告を通じた地域の未来について議論する。新型コロナウイルス感染対策で、昨年の山陰大会に引き続きオンラインとのハイブリッド開催となる。19日は沖縄アリーナで式典がある。