17日午後7時50分ごろ、青森県十和田市西十一番町の小峰勝子さん(84)が自宅で、頭から血を流して死亡しているのを同居の家族が発見した。県警は殺人事件の疑いもあるとみて捜査している。

 県警によると、小峰さんは長男の50代の妻と2人暮らし。1階の居間で小峰さんが死亡しているのを妻が発見し、119番した。消防によると、小峰さんはソファで死亡していた。

 県警によると、2階に妻、1階に小峰さんが暮らしており、妻が最後に見かけたのは数日前だった。長男は十和田市内に別居中で、小峰さんとは2、3日前に会ったという。現場は市の中心部に近い住宅街の一角。(共同通信)