トヨタ自動車は18日、愛知県内の企業向け工業用水に関係する取水施設の漏水に伴い、部品生産に支障が出てトヨタ車を生産する豊田自動織機の長草工場(愛知県大府市)の19日の昼間稼働を停止すると明らかにした。約600台の生産に影響する。

 長草工場はスポーツタイプ多目的車(SUV)「RAV4」を手がける。19日に2ラインの昼間稼働を停止し、夜間稼働は改めて判断する。

 水は製品の洗浄や空調といった分野に必要で、トヨタは井戸水の活用などで対処。ただ、18日に断水でトヨタ本社工場(愛知県豊田市)で部品生産の一部が停止し、この部品を使う長草工場の稼働に響いたという。(共同通信)