政府は18日、新型コロナウイルス感染防止のために推奨していた保育園児や幼稚園児など2歳以上の未就学児のマスク着用について、見直す方向で検討に入った。厚生労働省に対策を助言する専門家組織の会合で有志らが19日にも「一律には求めない」との提言を出す方針。提言を受けて政府は国民に考え方の周知を図ることを検討している。

 厚生労働省

 大人には提言で、感染リスクが高い状況では着用を当面継続する必要性や、屋外では着用しなくてよいことを明確にする。

 海外ではマスク着用義務を解除する国が増加。日本でもマスクが必要な場面、外しても良い場面を整理する必要があり、専門家は提言を検討した。(共同通信)