今世紀に入り、前立腺がんが増えている。国立がん研究センターの統計予測では、2020年の罹患(りかん)数は9万5千人強と男性では最多。高齢男性の30%は、進行せずに命に関わらない「潜在がん」として持つとされるが、発見が遅れると命に関わる悪性のものもある。専門医は積極的な検診受診を呼びかけている。