光子(みつこ)さんはそこから、達哉(たつや)さんが幼い頃からいかに優しい子だったかを、思いだすまま途切れなく話していった。