沖縄県豊見城市の県立南部農林高校生物資源科の3年生6人は13日、今年12月の農業祭で販売する蜂蜜を校内の巣箱から採取した。生徒たちは慎重に巣枠を振って蜂を落とし、蜜が流れるように包丁でふたを切り取ってふるい機にかけ、この日は4・7キロを収穫した。