【東京】豊見城市の山川仁市長は12日、内閣府で宮路拓馬政務官と面会し、子どもの貧困対策など、財政面を含めた包括的な支援制度の創設を求めた。山川氏は、市の子どもの数が増加し、子育て、保育、教育環境など「多様化する市民ニーズに応える提供体制の構築、財政措置など喫緊の課題解消が急務」と訴えた。