北九州市小倉北区の旦過市場で42店舗、1924平方メートルを焼いた火災から19日で1カ月となった。数千万円の費用が見込まれるがれきの撤去を支援しようと、小倉中央商業連合会は、クラウドファンディング(CF)を続けている。

 火災によるがれきが残る旦過市場=18日、北九州市小倉北区

 火災は4月19日に発生。木造密集地だったため広範囲に延焼し、鎮火は約65時間後だった。大量のがれきが積み上がり、撤去の段取りや費用負担が課題となっている。

 同連合会は4月26日に1千万円を目標にCFを開始。目標額をはるかに上回る3千万円以上が集まった。

 「“北九州の台所”旦過市場火災 復興プロジェクト」と題し、今月31日まで募集している。(共同通信)