最近、テレビ、とりわけ公共放送の意義を改めて考えさせるニュースが続いている。  日本の公共放送であるNHKでは、この4月、大幅な編成替えが行われて、長年親しまれてきた番組のいくつかが姿を消した。