愛知県豊田市の取水施設「明治用水頭首工」の大規模漏水で、県は19日、事業者に要請していた工業用水の利用自粛を同日午後7時から緩和したと明らかにした。三つの地域に分けて段階的に受水を再開、通常の3割程度の利用を依頼する。一方、農業用の給水は復旧のめどが立っておらず、県と農政局は頭首工がある矢作川への仮設ポンプ増設など対策を急ぐ。

 漏水が発生した「明治用水頭首工」で、仮設ポンプを増やして行われた取水作業=19日午後、愛知県豊田市

 19日は仮設ポンプ42台が稼働。用水路への流量は回復傾向で、下流の安城浄水場(同県安城市)では同日午前に取水が再開されていた。県によると18日未明の取水停止以降、工場の操業を全部または一部停止した事業者は少なくとも25社に上った。(共同通信)