どこにでもありそうな都市の風景だが、人の姿はまばら。窓から見える通りや街角には音がなく、どこまでも静かだ。  人間の孤独や虚無を描くと評され、後世の映画監督らにもインスピレーションを与えるなど、今なお影響力を持ち続ける米美術界の巨匠エドワード・ホッパー。この画集ではその作品約100点を収めた。