自販機に設けられた「30円」と「60円」のボタン

 自動販売機を通して、市内のひとり親家庭を支援する取り組みが沖縄県南城市で始まっている。サントリーフーズ沖縄(相原俊司社長)が4月末から、市母子寡婦福祉会に寄付ができる自動販売機を市役所庁舎外、市民が集う食堂「なんじぃJr.」のすぐそばに設置した。県内の福祉団体では初の試みで全国でも珍しいという。(南部報道部・我喜屋あかね)

 設置された自動販売機には、ペットボトルや缶の飲み物を買うボタンに混ざって募金ボタンコーナーを設けた。30円か60円を入れてボタンを押すだけで、気軽に寄付金を贈ることができる仕組み。さらに、売り上げの一部もひとり親家庭の支援や子どもたちの人材育成に充てられる。

自動販売機に募金ボタンコーナーが設けられ、気軽に寄付ができる

 同社の相原社長は「企業として自動販売機を通し、ひとり親家庭への支援をどんどん推進していきたい」と意欲を示す。

 自動販売機には同会の子どもたちが描いた恐竜や動物の絵がデザインされ、見た目も華やか。市民の特定健診や新型コロナウイルスワクチンの集団接種、乳児検診の会場もすぐ近くにあって人目に触れやすく、売り上げも好調という。

設置した自動販売機を囲んだ(左から)南城市母子寡婦福祉会の上地寿賀子会長、古謝景春南城市長、サントリーフーズ沖縄の相原俊司社長ら=10日、南城市役所(提供)

 寄せられた寄付金は市福祉部と協議しながら使い道を検討する予定。同会の上地寿賀子会長は「毎年中学高校に進学する時に制服代や教材費を工面しないといけない。頑張っている子どもたちの少しでも助けになるよう、還元できたらと思う」と期待した。

 10日に市役所で同社から自動販売機の設置報告を受けた古謝景春市長は「こういうことから負の連鎖を断ち切ることができる」と実感を込めた。上地会長は同社や周囲の支えに感謝しながら「未来ある子どもたちの可能性を広げられるよう、当会でも活動していきたい」と決意を込めた。