【ニューヨーク共同】19日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続落して始まり、前日からの下げ幅が一時400ドルを超えた。高インフレが米景気後退を招きかねないとの懸念が根強く、投資リスク回避の売りが広がった。

 午前10時現在は前日比420・87ドル安の3万1069・20ドルを付けた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は25・61ポイント安の1万1392・54。(共同通信)