覚醒剤取締法違反などの罪で起訴後、一時勾留が停止された上田健被告=公判中=が17日に埼玉県川口市の病院から逃走し、東京地検は19日、東京都品川区で同日午後10時25分ごろに身柄を確保したと発表した。

 地検によると、東京地裁が17日朝~19日夕の被告の勾留停止を決定。滞在する場所としてこの病院が指定されていたが、17日午後、弁護人からの連絡で逃走したことが分かり行方を追っていた。(共同通信)