12日午前11時35分ごろ、沖縄県宜野湾市我如古の建設会社の資材置き場で、この会社の代表の男性(65)が約3メートルの高さから地面へ落下した。宜野湾署によると、男性は頭などを強く打ち、意識不明の状態で沖縄本島中部の病院へ搬送され、18日に死亡が確認された。同署が事故原因を調べている。

 現場では当時、ショベルカーがワイヤでプレハブ小屋をつり、移動させていた。ワイヤが切れてプレハブが傾き、プレハブの上にいた男性が転落したという。