日本ハンドボールリーグ(JHL)男子の琉球コラソンは19日、県庁で会見し、新体制を発表した。新監督に就任した東江正作氏は「何回倒されても泥臭くチャレンジするチームにしていきたい」と語り、攻撃では縦への強さと連動性を前面に出し、戦う集団となることをチームカラーに掲げた。