総務省が20日発表した4月の全国消費者物価指数(2020年=100、生鮮食品を除く)は、前年同月比2・1%上昇の101・4だった。伸び率の大きさは、消費税増税の影響で2・2%上昇した15年3月以来約7年ぶり。増税の影響を除けば、新興国の需要増で資源高が進んだ08年9月の2・3%以来約13年半ぶりで、政府や日銀が物価上昇の目標として掲げる2%を突破した。

 東京・銀座を行き交う人たち

 ロシアのウクライナ侵攻を背景にした資源高や円安が主な要因で、十分な賃上げが期待できない中で家計の負担が増している。一方、日銀は2%達成は一時的なものとして、大規模な金融緩和策を続ける構えだ。(共同通信)