走行中の電車内で乗客を殴ったり蹴ったりしたとして、警視庁玉川署は20日、暴行容疑で財務省総括審議官の小野平八郎容疑者(56)を現行犯逮捕した。捜査関係者への取材で分かった。当時、酒に酔っていたという。乗客にけがは確認されていない。

 財務省総括審議官の小野平八郎容疑者

 捜査関係者によると、逮捕容疑は20日未明、東急田園都市線の電車内で他の乗客を暴行した疑い。体がぶつかったことを注意されトラブルになったという。110番で駆け付けた署員が桜新町駅の改札口付近で小野容疑者を確保した。

 小野容疑者は1989年に当時の大蔵省(現財務省)に入ったキャリア官僚。将来の事務次官候補の一人との見方もあった。(共同通信)