女子テニスのSARグランプリは19日、ラバトで行われ、ダブルス準決勝で穂積絵莉(日本住宅ローン)二宮真琴(エディオン)組はロシアとメキシコ選手のペアを6―2、6―2で下し、決勝に進んだ。(共同通信)