静岡県熱海市の土石流災害を踏まえ、危険な盛り土を全国一律の基準で規制する盛り土規制法が20日、参院本会議で全会一致により可決、成立した。知事や市長が指定した規制区域内での造成を許可制とし、違反した法人に最高3億円の罰金を科すなど罰則も強化。土地所有者らが安全な状態に維持する責務も明記した。来年夏の施行を目指す。

 参院本会議=20日午前

 盛り土は宅地、農地、森林など造成される場所によって適用法令が違い、規制内容も異なっていた。独自の規制条例を設ける自治体も多いが、対策が緩い所で危険な造成が行われるケースが多い。熱海市でも、当時の県条例の罰則が軽く抑止力に欠けたと指摘されている。(共同通信)