フィルムアート社の「クリティカル・ワード」というシリーズから登場したのが本書だ。同社からは「ファッションと哲学」や、私自身が多くの書き手を巻き込んで手がけた「ファッションは語りはじめた」も刊行されている。