ロマンあふれる戦国時代をわれわれが無邪気に評するとき、すでに、そのまなざしは曇っている。歴史学者呉座勇一さんの快著は、この根本的な事実を突く一冊だ。「信長論とか秀吉論は居酒屋談議では決してなく、ナショナリズム的で政治的な歴史認識問題と結びついている。