平和な世界を目指そうと沖縄タイムス社と琉球新報社は19日、第70回全日本広告連盟(全広連)沖縄大会に合わせた共同プロジェクトとして、ハブとマングースを題材にした1ページ広告を同日付の朝刊紙面にそれぞれ掲載した。

19日付朝刊の沖縄タイムス紙面(右)と琉球新報紙面。両紙を合わせると、ハブとマングースが向き合い、互いに問い掛け合っている

 人間の都合で決闘させられたハブとマングースが、今も世界で起きている争いなど人間の愚かさをやゆし、平和について問いかける内容。沖縄タイムスに登場したハブは「いいかげん、仲良くしなよ人間どうし。」、琉球新報に登場したマングースは「また人間が、平和をむずかしくしている。」と訴えている。

 担当した沖縄タイムス社東京支社の平良枝里子主任は「ハブとマングースのやりとりを通して、平和な世界を目指すためにどうすべきか、人それぞれ思いをはせられる内容となった。ぜひ2紙並べて見てもらいたい」と話した。

 地元2紙のコラボレーションに、ツイッターでは「仲良く発信しているのが感慨深い」「共栄共存の見本だ」などの反響が寄せられた。