21日は二十四節気の一つ「小満(しょうまん)」。草木が次第に成長して、天地に満ち始める時季を指す。沖縄では次の節気の「芒種(ぼうしゅ)」と合わせて「スーマンボースー」と呼ばれ、梅雨の季節を意味する。 浦添市仲間では20日、雨の中、水滴をためたゲットウの花が、道行く人の目を楽しませていた。