東京六大学野球リーグ第7週第1日は21日、神宮球場で1回戦2試合が行われ、2勝で勝ち点を獲得した方が優勝となる明大―立大は延長十二回の末に3―3で引き分けた。法大は計18安打で東大を9―0で下した。

 明大の蒔田と立大の荘司による投手戦。立大が八回に3点を先取し、明大は九回に2点差を追い付いた。(共同通信)