【横浜】沖縄の文化を発信する沖縄チャンプルーカーニバル(主催・FMヨコハマ)が21日、横浜市内で開幕した。沖縄の日本復帰50年を記念した文化交流として、沖縄ハーリーと横濱ドラゴンボートの競漕(きょうそう)があり、両者とも100メートルを力いっぱいこぎ、同着でゴールした。カーニバルは22日まで。

金武漁業協同組合から貸し出されたハーリー(手前)と横濱ドラゴンボートの競漕=21日、横浜市

 金武漁業協同組合が貸し出した職域対抗用のハーリー2隻に、横浜・鶴見沖縄県人会青年部のメンバーが乗り込んだ。船先で鐘を打ち、士気を高めた宜保輝光青年部長は「初めての割にはうまくこげた。楽しみながら交流できた」と笑顔で話した。

 沖縄チャンプルーカーニバルは今年で10回目。クイーンズスクエア横浜で開催している。沖縄料理や観光を紹介するほか、平川美香さんや世持桜さんら県出身アーティストのライブもある。