プロバスケットボール男子Bリーグ1部の王者を決めるチャンピオンシップ(CS)準決勝第2戦が22日、沖縄アリーナで行われ、琉球ゴールデンキングスが島根スサノオマジックを72-70で下し、2戦2勝で初の決勝(2戦先勝方式)進出を果たした。同点のまま残り1秒を切って、ドウェイン・エバンスが攻撃リバウンドを奪い、シュートを決める劇的勝利で8309人のファンを沸かせた。

決勝進出を決め喜ぶキングスの選手たち=22日、沖縄アリーナ(田嶋正雄撮影)

 西地区のチームが決勝に進むのはBリーグ発足6年で初めて。試合残り11秒で同点となったが味方の外れたシュートをエバンスが拾い、ブザーと同時に決め切った。

 次戦は28日正午から東京体育館で悲願のリーグ制覇を懸けて宇都宮ブレックスと対戦する。(運動部・新崎哲史)