沖縄市の嘉納英明さん(59)が、母の妹の石川静子さん(87)の生活史を聞く。糸満市で育ち、戦後の厳しさを乗り越え、コザ市(現沖縄市)で結婚し、石川洋服店を開業。米軍関係者相手の商売や、当時の模合の様子、復帰後の客層の変化など話が膨らんだ。

嘉納英明さん(左)と叔母の石川静子さん=5月、沖縄市

<語り手・石川静子さん 聞き手・嘉納英明さん>

(上)学校行かず奉公や商売:なければないで、生活できる コザから与座までバスで2時間 13ぐらいからお家にいない 子どもの頃、こんなにいっぱい仕事したのかと思う

(下)洋服店、未経験から50年:断ったけど「ないさないさ」し 復帰したら、もうけなくなった 模合に知らない人入れたら大変