沖縄戦で旧日本軍が使用した司令部壕などを歩き、戦争について考える「平和学習フィールドワーク」が22日、那覇市であった。主催は県平和祈念資料館友の会。事前の募集人数を超える70人が参加した。沖縄戦で旧日本軍の司令部が南部撤退を決めたのが77年前の5月22日。住民の犠牲者は、ここからさらに増えた。