沖縄署は22日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、米軍嘉手納基地所属の米空軍兵長の容疑者の男(23)を現行犯逮捕した。調べに対して容疑を否認している。呼気から基準値の3倍以上のアルコールが検知された。

(資料写真)パトカー

 逮捕容疑は22日午前7時30分ごろ、沖縄市南桃原の県道23号で酒気を帯びた状態で普通乗用車を運転した疑い。

 署によると、県道23号を容疑者の車が北谷町方面から沖縄市方面に走行中、日本人女性が運転する車と接触する事故を起こした。警察が駆け付けたところ、容疑者の呼気からアルコールの臭いがしたという。日本人女性と容疑者にけがはなかった。