○…琉球にあと一歩及ばなかった島根のヘナレ監督は「残念でならない」と肩を落とした。安藤、金丸らの大型補強を契機とした躍進も準決勝までとなり、指揮官は「何かしら学ぶものがあったはず。それを生かしていくしかない」と敗戦を糧にすることを誓った。