本書は、沖縄教育史研究で著名な藤澤健一氏を編者とし、教育学・歴史学・社会学の分野から編者も含め6人の研究者が集い、まとめられた共同研究(科研費)の成果である。本書の目的は、1940年代の戦時体制から沖縄戦を経て、50年代の米軍占領期の時期を、ひとつづきの「移行期」と捉え直し、社会状況などが激変したこの時期の沖縄において、沖縄の「教員世界」がたどった固有の移行過程を、教員史という観点から実証的に解明することである。

移行する沖縄の教員世界(不二出版・4320円)

 研究方法に関わるが、移行期の沖縄における固有の「教員世界」は、「数量」と「組織」という二つの視点から解明されている。

 「数量」は特に沖縄戦以前に教職歴を有する教員を戦前教員、それ以降の教員を戦後教員とし、両者の構成比率がどのように変化していたのかが分析され、戦前期と戦後期との連続と断絶が、具体的な数量として明らかにされている。

 「組織」は、教員のほか教育関係者によって構成された機構と団体が取り上げられ、戦前期は沖縄教育会と沖縄県学務担当部局、戦後期は沖縄教育連合会と宮古と八重山における教員団体、そして沖縄教職員会が分析対象とされ、それぞれの機構と人的構成という観点から、その変容が個別具体的に描かれている。補論として、3人の戦前教員が個人史として取り上げられ、教員世界の変容過程が個人レベルで明らかにされている。

 評者はかつて、宮古や石垣、奄美で戦後占領初期に制定された、独自の教育基本法の成立事情を解明するため、これらの地域で戦前から戦後にかけ、教職にあった方々にインタビュー調査を行ったことがある。これを契機に、沖縄の教師たちは「移行期」において、戦前の教育を推進した精神史をどのように転換させていったのか、という疑問を抱くようになった。

 無い物ねだりということは承知であるが、評者が本書に期待した一つは、沖縄の「教員世界」における、こうした戦前精神史の変容過程の解明であった。(佐久間正夫・琉球大学教授)

 【編者プロフィールと執筆者】ふじさわ・けんいち 福岡県立大学教員。執筆者は近藤健一郎(北海道大教員)、櫻澤誠(大阪教育大教員)、高橋順子(日本女子大非常勤講師)、田中萌葵(北海道大大学院生)、戸邉秀明(東京経済大教員)