山口県阿武町が誤って振り込んだ給付金4630万円の一部を使用したとして、電子計算機使用詐欺容疑で同町、無職田口翔容疑者(24)が逮捕された事件で、出金先の一つの決済代行会社から3500万円余りが町の口座に振り込まれたことが23日、関係者への取材で分かった。

 山口県阿武町役場=18日

 容疑者の代理人弁護士によると、町は4月8日に新型コロナウイルス対策の臨時特別給付金10万円に加え、4630万円を容疑者の口座に振り込んだ。容疑者は19日までに34回にわたり計約4633万円を出金。主な出金先は国内の決済代行会社3社で、このうち27回の計約3592万円が1社に集中していた。(共同通信)